ハンズ・オン展示における分析の論文が発行されました

メンバーの森と奥本が執筆した、親子の対話からハンズ・オン展示のつまづきとその支援に関する論文が発行されました。


来館者調査というとハードルが高い感じがしますが、現場で簡易に調査できて、簡単な改善を行っていくという事例になっています。森さんが元科学館の職員なので、現場の立場を踏まえた研究を行いました。


科学館におけるハンズ・オン展示の親子での対話の分析

森(安齊)沙耶 奥本素子

科学技術コミュニケーション 27,2020, pp.71-85

© 2016 Museology Lab

  • Twitter
  • Instagram