科学教育学会で研究発表とシンポジウムを行いました

科学教育学会で下記の研究発表を行いました。


奥本素子(2021)STEAM ワークショップにおけるマルチモーダルな概念理解の拡張支援の効果について、第45回科学教育学会年会


またシンポジウム「コロナ禍と科学教育研究」に登壇して、コロナ禍における博物館の活動について話題提供しました。