top of page

サイエンスコミュニケーションにおけるアート

本書のコンセプト

科学技術の進展により多くのアーティストが科学技術をメディアとしてバイオアートやテクノロジーアートと呼ばれる作品を生み出している。また、科学側もアートという表現を通して科学技術を伝えようという試みが注目されている。

しかし、これらの取り組みの前提として、科学は客観的で理性的、アートは主観的で感性的というステレオタイプな科学像、アート像があることも否めない。科学の営みをアートを通して表現する際には、現代における科学にまつわる社会的営み、そしてそれに付随する文化的側面を踏まえた上での議論が必要である。また、アートに関しても、歴史的、理論的経緯を踏まえて語る必要があるだろう。

本書はウェブサイトから発信する「サイエンスコミュニケーションにおけるアート」の専門的観点から紐解くオンラインの書籍プロジェクトである。本書はまずこれまで我々メンバーが書き溜めたサイエンスコミュニケーションとアートの交わるテキストを順次公開していく。

まず、現代の科学活動の主観的で文化的側面に着目し、それらを可視化するツールとしてアートを用いたプロジェクトを紹介し、その意義を考察してく。筆者らがこれまで、理系の研究所、大学でアートを通して科学技術を可視化する実践、教育を行ってきた。本書ではそれらの教育、実践活動を通してアートを通して拓く新たなサイエンスコミュニケーション像を提示する。

本書の対象者

本書は、科学とアート論としての視座、科学教育におけるアート教育としての視座を有しているため、下記のような読者を対象としている。

 

理系研究者、芸術系研究者、大学院生、サイエンスコミュニケーター、アーティスト、高等教育関係者

本書の構成

まず第1章では、そもそもサイエンスコミュニケーションの今日的課題を探っていく。

 

第2章、第3章は具体的なアート作品を介したサイエンスコミュニケーションの実践、そしてその意義の検討を行う。具体的には、第2章は、近年サイエンスコミュニケーションにおいてアートがどのように活用されているのかという先行事例を紹介していく。第3章では、アートで取り扱われる科学技術の現状について紹介していく。

第4章、5章からは、アートのシステムとしての要素についてマクロな視点で考えていく。第4章では、アートが取り組む社会との連携、地域での課題に取り組む仕組みについて紹介していく。第5章は、アートがもたらす教育、学習効果というものを検討していく。

 

第6章においてこれまで述べてきた事例からサイエンスコミュニケーションにおけるアートの活用、もしくはアートとのコラボレーションで生み出される新しいコミュニケーションの実際、課題、そして限界と期待について分析していく。

 

第7章では、これまでの事例、議論を振り返り、アート、そしてサイエンスコミュニケーションの可能性と、今後の議論の方向性をまとめる。

販売

本書は、科学研究費助成事業2022年度研究成果公開促進費(22HP5139)の助成を受け、2023年3月に刊行予定です。

​本書で紹介したアーティスト・アートプロジェクト

bottom of page