サイエンスコミュニケーションにおけるアート

~解体する科学,越境するコミュニケーション~

本書のコンセプト

科学技術の進展により多くのアーティストが科学技術をメディアとしてバイオアートやテクノロジーアートと呼ばれる作品を生み出している。また、科学側もアートという表現を通して科学技術を伝えようという試みが注目されている。

しかし、これらの取り組みの前提として、科学は客観的で理性的、アートは主観的で感性的というステレオタイプな科学像、アート像があることも否めない。科学の営みをアートを通して表現する際には、現代における科学にまつわる社会的営み、そしてそれに付随する文化的側面を踏まえた上での議論が必要である。また、アートに関しても、歴史的、理論的経緯を踏まえて語る必要があるだろう。

本書はウェブサイトから発信する「サイエンスコミュニケーションにおけるアート」の専門的観点から紐解くオンラインの書籍プロジェクトである。本書はまずこれまで我々メンバーが書き溜めたサイエンスコミュニケーションとアートの交わるテキストを順次公開していく。

まず、現代の科学活動の主観的で文化的側面に着目し、それらを可視化するツールとしてアートを用いたプロジェクトを紹介し、その意義を考察してく。筆者らがこれまで、理系の研究所、大学でアートを通して科学技術を可視化する実践、教育を行ってきた。本書ではそれらの教育、実践活動を通してアートを通して拓く新たなサイエンスコミュニケーション像を提示する。

本書の対象者

本書は、科学とアート論としての視座、科学教育におけるアート教育としての視座を有しているため、下記のような読者を対象としている。

 

理系研究者、芸術系研究者、大学院生、サイエンスコミュニケーター、アーティスト、高等教育関係者

本書の構成

第1章では、これまでの歴史を紐解き、公的な支援を受けて国家事業として実施されていたアート活動が徐々に私的な活動になっていった流れと、それとは真逆に趣味的な活動に過ぎなかった科学が国家的事業として巨大化していった過程を紹介し、現在に至るまでの二つの分野と社会との複雑な関係を解説してく。

第2章では、アーティストが表現する科学として、これまで紹介されてきた科学をテクノロジーとして利用していったアート作品、それとは別の視点で筆者らが実施した科学の主観的な部分を表現する「Resonanceプロジェクト」、科学者とアーティストが対話し、そこから生まれるアート「まだまだ見えない」を紹介する。

第3章では、アーティストが生み出す対話の場として、芸術祭における科学技術を扱った作品の紹介、科学を語る場としてのアートを制作した「差の湯の会」を紹介する。

第4章では、筆者らが北海道大学科学技術コミュニケーター養成部門で実施している、アートを通して科学技術コミュニケーションを養成する教育プログラム「札幌可視化プロジェクト」を紹介し、そこでの学習、プロジェクトについて紹介する。

第5章では、これからの科学とアートがコラボレーションする視座として、現代アートの哲学的で論理的な部分から科学が学ぶべき部分、そしてバイオテクノロジーを単にメディアとして利用するバイオアートを超えて、科学のコンセプトまで共有するアートの必要性について説いていく。

​目次

​*色が変わっている部分が公開されている部分です。

第一章 はじめに

  第1節 サイエンスコミュニケーションとは

  第2節 サイエンスコミュニケーションにおけるアート

  第3節 アートと科学にとっての社会

  第4節 越境するサイエンスコミュニケーション

*コラム 伝統芸能と科学:タルチュム

 

第二章 サイエンスコミュニケーションにおけるアートの現代的展開

  第1節 科学におけるアートプロジェクト

  第2節 科学館におけるアート

  第3節 アートプロジェクトにおける科学

  第4節 科学をアートで伝える試みを評価する~Resonance~

*コラム テオ・ヤンセンプロジェクト

 

第三章 対話のためのアート

  第1節 スペキュラティブデザインとしてのアート:議論を巻き起こすためのアート

  第2節 ソーシャリーエンゲージドアート

  第3節 アートの空間で科学を語る~差の湯の会~

 

第四章 バイオテクノロジーとアート

  第1節 バイオアートの歴史

  第2節 現在のバイオアート

  第3節 バイオアーティストを育てる試み

 

第五章 アートを教育につなげる

 第1節 STEAM教育

 第2節 理系学生へのアート教育

*コラム 科学技術コミュニケーション教育で用いた作家リスト

 

第六章 これからのサイエンスコミュニケーションとアート

 第1節 現代アートから学ぶこれからのサイエンスコミュニケーション

 第2節 道具的な関係を超えて

第七章​ まとめ

© 2016 Museology Lab

  • Twitter
  • Instagram