白紙

つなげる鑑賞法

博物館学

複数の展示資料、アート作品の共通点を探しながら、それらを比較していき、展示の文脈を理解していく博物館学習手法です。

つなげる鑑賞法は、美術館での鑑賞教育を通じて、視覚情報から意味を読み解く判断力、自分なりに意味を組み立てる思考力、自分の解釈を生徒同士で共有する表現力を育んでいきます。

美術館における鑑賞とは、あるテーマに沿った資料群が、文脈に沿って展示されています。つなげる鑑賞法では、①複数資料にまたがったテーマを理解させ、②資料群の特徴とその見方を理解させることによって、児童の作品鑑賞の理解を支援します。

博物館熟達者は、事前に展示のテーマを理解した上で、資料群の特徴を把握し、その特徴に沿った見方で絵から情報を得ていると言われています。そのような見方をすると、絵の見方が広がったり、自分なりに考えながら絵を解釈することができると言われています。

つなげる鑑賞法を事前に学習すると、感想文では単なる解説の丸写しや、単純な感想よりも、絵の分析や抽象的な見方が増えるということが実験でわかっています。

Project Gallery

© 2016 Museology Lab

  • Twitter
  • Instagram